責任

持続可能性の取り組みは倫理的な義務でありビジネスに貢献する

フランチェスコ・ピッツァガッリがFumagalli Industria Alimentari社の企業としての選択を語る 「わが社は以前から企業としての倫理に関して積極的に取り組み、この分野でイタリア国内の先陣を切って、多くの斬新な選択を行ってきました。ですから、社会的な持続可能性の総括の編纂に関わるのは自然な成り行きでした。これがFumagalli Industria Alimentari社が選択した哲学の根幹をなしています。自社の持続可能性の取り組みを構築した企業を見極め、瞬時に均等な定則を把握することで、常に向上を続けるのに必要な、投資や選択を探るのです。「当社が注目する分析分野の主力は4点あり、安全性、サステナビリティ、研修、社会的取組です」とFumagalliの社長は延べました。安全性を得るのは工程管理やプロダクションチェーンの保証として認識し、これが消費者にも多くの恩恵となります。高水準の製品を提供することがビジネスに与える長所は、国際市場を相手にする以上は必須だと考えています。環境のサステナビリティは、当社が拠点を置く産地との対話から生まれ、同時に技術の発展やコストの削減につながります。後者については、2015年にコジェネレーション施設のプロジェクトに取り組み、食肉の加工過程で必要とされる高温や低温のエネルギーに変換し、ランギラーノの地に25億ユーロ以上を投じて、パッケージング用の超近代的な高圧施設を開設しました。 従業員への継続的な研修の取り組みは、21世紀の製造業者として必須であると考え、サラミ製造業の旧態依然とした意識から、次世代の労働者にふさわしく、生産のベテランとしてだけではなく、情報技術や食品安全に関する専門知識を備えた人材を育成します。そして社会的取組について社長は、「地方行政との共同体制で、不況がもたらす社会的な問題の解決に手を貸し、地域で病人や障害を持つ人への支援に取り組む、民間の団体を助けます。さらに、大学との協力で優秀な若者への学びの機会を支援し、製造技術者を育成して、食品産業の品質向上を目指します。これらは既に実現しているか、近い将来に実現する計画にすぎず、ここをスタートに向う3年から5年の選択に取り組みながら、投資した全ての額が将来の企業経営に有益だと信じ、拠点を置く地域と共に、成長を続けていく所存です。」と結びました。 Fumagalliのサステナビリティ

従業員の研修を継続

La crescita professionale di ogni dipendente è il motore del successo di Fumagalli.  イタリアで公的私的企業の研修ニーズや、専門家の数は増える一方です。要求される内容も変わりつつあり、労働上の安全性や個人情報の取り扱いについての研修義務が上げられます。そして研修が、企業の発展やビジネスチャンスと受け取られるようになっています。ISTAT(国立統計研究所)が、2005年と2010年のデーターを比較して、イタリア全土における研修の性質と変化を分析しています。10人以上の作業担当者を雇用する企業の、専門研修実施割合は、2005年の32.20%から2010年には55.60%に増加しています。最近の4年間でオンラインで入手できるデーターを見、市場傾向の予測を読んでも、この傾向はさらに増加する見込みです。企業の従業員数が多いほど、研修への投資も増える傾向がありますが、これは業種によっても差が生まれます。金融関係サービス、保険、銀行が最も投資を重視しており、それに次いで電信電話、出版、情報技術、サービス、商業、専門業種が続いています。もちろん産業界が研修の割合に占める順位も高く、次の様な割合になっています。継続した研修を行う企業の96%が製造に関して、78%がキャリアについて、87%がサラリーについて、研修の成果を感じています。Fumagalli Industria Alimentare社はこの視点を採用し、研修を通じた従業員の成長は、企業活動の成功を担う主要な原動力だと考えています。企業政策をしっかりと支えて効率や技術を高め、ビジネス戦略の採用に影響し、コストの削減や労働の質向上に貢献し、能率改善に役立ちます。

公衆やFumagalliのクライアントがグッドピッグ受賞を祝う

消費者のニーズは高まるばかりで、意識の高い消費者は、価格や品質だけではなく、製品の安全性やサステナビリティにも注意を払っています。このため、当社のアニマルウェルファのプロダクションチェーンがCIWFグッドピッグ賞を受賞したことは、当社のサイトやFacebook、CIWFサイト、ブログ、オンラインジャーナルでニュースが紹介されると、大きな反響を呼びました。全ての迷いが払しょくされ、疑問には答えが出て、最も要求が高いクライアントも、この独立機関が、FUMAGALLIのプロダクションチェーンの評価と起業精神にを表彰したことをお知らせできました。みなさまの支援に感謝し、当社の決定の正しさが裏づけされたと認識し、更に強い決意と歩みを強め、これまでの道を継続していく所存です。 アニマルウェルファのプロダクションチェーン

CIWF、飼育動物のウェルファ分野で当社の取り組みを表彰

どの受賞も名誉ですが、特に誇りに感じる賞があります。 全ての受賞歴は、堅実なプロダクションチェーンの構築と、アニマルウェルファに配慮した飼育の成果として、当社の誇りです。中でも特に誇りに感じられるのが、飼育動物のウェルファで国際的に最も権威があり規模が大きい団体、CIWF – Compassion in World Farmingからの表彰です。CIWFは受賞者のその後の活動をモニターし、限られた時期の成果ではなく、継続した取り組みを評価しています。このため、既に取り組みを始めた方針を一層の努力で継続していく挑戦になるのです(畜産部門責任者のピエトロ・ピッツァガッリのコメント)。